あると助かるモノ 生活用品

【ひとり暮らしやワンオペ育児してる人必見!】家事の時間を短縮して時間をねん出するにはロボット掃除機導入が有効!!

2021年1月15日

こんな方におすすめ

  • 家事の時間を減らして勉強や仕事、育児の為の時間をねん出したい人

【結論】掃除をロボット掃除機に任せると、結構まとまった時間が取れ、その時間を勉強や仕事、育児に使える。

2020年は個人的にワインエキスパート呼称認定試験に挑戦したものの、年齢なのか体質なのか、夕食後、特にPM22:00頃にはよく寝落ちしている私の場合、深夜以外の時間帯に1次試験だけでなく2次試験(ワイン・ハードリカーのティスティング試験)対策に練習時間をねん出する必要がありまして。
ところが、片道1時間強の通勤時間は主にCBT試験である1次試験対策には使えても、実際にワインのティスティングを行う2次試験対策には使えない。
それまでも自宅でねん出可能な時間はティスティング練習に充てていたけれど、それでも足りないため、目をつけたのが、多少サボっても生活するのには支障がなく、それでいて洋室3室とLDK、階段を掃除するのに1回30分前後の時間を要する掃除機がけ。
その一部、3階の洋室2室と2階のLDKの掃除機がけに、スティック型クリーナーで20分弱要している部分がロボット掃除機で代替できるんじゃないの、と思ったのが、ロボット掃除機購入のきっかけです。

ロボット掃除機導入したら、43日で14時間超ものねん出に成功!

掃除機がけをロボット掃除機に肩代わりしてもらえればかなりの時間がねん出できるけれど、高いロボット掃除機を買って全然ホコリが取れなかったりすぐ壊れたりでは意味がない。

という事で、AMAZONやネットのレビューなどを見て仕様や使用感を比較し、2020年の7月末に当時価格¥19,840で購入したのがAnkerのEufy RoboVac 30C

リモコン以外にスマホアプリで起動させたり、Alexa端末と組み合わせて音声コントロールを追加可能、との事で、スマホアプリは2021/1/17に入れてみましたが、Wi-Fi接続が一発でうまくいかない(Google Playでは「スマホを機内モードにしてWi-Fi接続しないとつながらなかった」というレビューあり)のと、PM16:00頃アプリの更新するとえらく時間がかかって最終的にエラーになるので、朝の歯磨きや朝食の用意をしている間に使うのであればタイマー機能は不要。

はごはご
個人的には、Eufy RoboVac 30Cの操作自体は本体に付属のリモコンで充分だと思うよ。


2021/1/11時点ではこの商品、下記の新しいモデルが出てます。
(価格は2021/1/17現在、AMAZONで¥24,800

Eufyはマッピング機能はないけれど、マッピング機能のないiRobot社のルンバ(2021/1/17現在、楽天市場の最安値は¥28,314(税込))と比較しても安い。

ちなみに、下記のような無駄のない動きで掃除するマッピング機能のあるルンバは、多少安くなっても5万円以上。

はごはご
2021/1/17現在、AMAZONでの価格が参考価格¥97,070から¥58,800に安くなっているものの、我が家のダイソン(スティック型クリーナー)よりまだ高かった…

そして、ロボット掃除機を導入してねん出できた時間は7/30から9/11までで
20(分)×43(日)=860(分)≒14.33(時間)
これが結構馬鹿に出来ないボリュームの時間。

合っているかどうか分からない場合は借りるという手も。

最初から自宅にロボット掃除機が合っているかどうか分からないので試したい、という場合は下記でレンタルして確認してみるのもあり。

モノカリ(https://komono.me/rental/)

はごはご
ロボット掃除機以外にもカメラやドローン、パソコンやゲーム機などがレンタルできるって

【自分の場合】14時間強ねん出した時間でテイスティングの練習し、ワインエキスパートの試験に合格!!

今回ねん出できた時間を主に2次試験(ワインやハードリカーのテイスティング試験)対策に使い、10月の2次試験に見事合格できました。

ところでロボット掃除機、掃除はちゃんとできているのか。

購入したAnker Eufy RoboVac 30Cに「ポチ初号機」(笑)と名づけ、2日間に渡り合計約3時間で自宅の6畳、5.5畳の洋室2室と12畳ほどのLDKを掃除した結果はこの通り。

12畳あまりのLDK(床面のほとんどをコルクマットで覆っている)と5.5畳、6畳の洋室(共にフローリング)を2日に渡って掃除した後のダストボックスを開けた所ですが、結構ホコリや髪の毛が取れています。
ダストボックスのホコリや髪の毛はダイソンのスティック型クリーナーで細かい所を掃除した後に吸い取ってしまえば、ゴミ捨ても楽ちん。
段差はタイルマット程度の厚みなら余裕で乗り越えていきます。

ロボット掃除機について、AMAZONのレビューでは充電ドッグのゴム足が床にへばりついて床にシミができた、というのを見るのですが、購入から半年近く経過するEufy RoboVac 30Cの充電ドッグの足はこの通りフローリングにへばりつく事なく使えています。

ロボット掃除機、デメリットはないの?

Eufy RoboVac 30Cは真夏の光の強い所で動かすと、すぐにピーピーとアラームを鳴らして止まります。
階段の段差検知の為のセンサーが光量の極端な差を検知して「段差がある!」と誤認識し止まってしまうようなので、極端な光量差がある場合はカーテンを引く、照明をつけるなどで部屋全体の光量に差がないようにしてやると動きます。

後はマッピング機能がないので、柄物のカーペットやコルクマットの上がちゃんときれいに掃除できているかが分かりにくい、というのがありますが、明るい色目のフローリングなら掃除できている事が分かるので確認した所、6畳の洋室で25分程度動かしていれば、大体の箇所は掃除できていました。

【使用感】最初から高いロボット掃除機は不要!

実際使ってみて、時間捻出のために最初からマッピング機能搭載などの高機能の高価格ロボット掃除機を買う必要はないと感じました。
最初に安いものを買って使ってみて満足できなかったら、次に買う時はマッピング機能付きの高機能ロボット掃除機を買えばいいや、と思ってましたが、Eufy RoboVac 30Cもなかなかの働きぶりなので、壊れるまでは愛用します。

時短をするのにうしろめたさを感じる必要はなし。

ねん出した時間はより自分の使いたい事に使いましょう。目的達成のために時短を行う事に対して、外野がとやかくいう権利はないし、そういった事を聞き入れて自分で全て掃除機がけに戻す必要もなし。

【結論】勉強や育児の時間をねん出するのに、ロボット掃除機導入は有効!!

目的達成のためにより多くの時間を使いたいなら、ロボット掃除機導入で掃除時間を短縮しましょう。

-あると助かるモノ, 生活用品
-, , , ,

Copyright© HAGO BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.